石の建造物

【墓石の種類と石材と値段の相場】選び方で悩んだらここを読む

  • 2020年5月4日
石の建造物

私が、いざお墓を作るとなった時のことです。
普段あまり関わりの無い世界なので墓石の型も石材も値段の相場も解らず、何から手を付けたら良いのか全く解りませんでした。

一生で一度作る機会が有るか無いかの物なので、多分私にはこれが最後だと思います。
でも、折角の体験だったので、これからお墓を作る人の役に立てて貰えればと思い記録として残すことにしました。

ここでの流れです。
[timeline title=”タイトルのステップ1-5″][ti label=”ステップ1″ title=”お墓の型を選ぶ”][/ti][ti label=”ステップ2″ title=”墓石の石材について学ぶ”][/ti][ti label=”ステップ3″ title=”墓石の石材を選ぶ”][/ti][ti label=”ステップ4″ title=”墓石の相場を知る”][/ti][ti label=”ステップ5″ title=”見積もりを取る”][/ti][/timeline]

Clyde
ああ!肝心なことを忘れていました。
一番大事な事です。

上のステップを始める前にそれを選ぶためのカタログが必要です。
最初に資料カタログを取り寄せてください。

私は、ここでカタログ請求しました。

【公式サイト】いいお墓
https://www.e-ohaka.com/

墓地も探している人は、一緒に資料請求できるのでおすすめです。

和型 洋型 デザイン型

まず、お墓の型を決めます。
お墓は大きく別けて3種類有ります。

和型

和型は竿石と呼ばれるお墓の名前が入るところが縦長で、日本でよく見るお墓の形です。
その中にも、カロート(納骨室)が地上にあるものと地下にあるタイプだったり、花立のデザインが違ったりといくつもの種類があります。

洋型

洋型は竿石が横に長く和型より背が低くなります。
こちらもカロートや竿石の違い等が有りいくつもの種類があります。

デザイン型

最近はやりの型です。
墓石がピアノや車など故人に縁のある物などに準えて作られていることが有り、個性のある墓石です。

石材の種類

国内の石と海外の石があります。

国内が良くて海外が悪いと言う事は無く、どの石材も選び抜かれた石の良さがあります。
その中でも御影石は人気があります。

ちなみに
花崗岩(かこうがん)って聞いたことありますか?
これが御影石です。

更に御影石には種類が沢山有りますが、最高峰と呼ばれるのが庵治石(あじいし)です。
庵治石は御影石のダイヤとも言われる石です。

花崗岩=御影石⇒庵治石

石材を全部覚えることはありませんが、
花崗岩=良い石材=値段が高い
と、覚えておきましょう。

でもね、実はまだあるんです。
庵治石は、更に何百種類にも別れるらしいのです。
もう、ここまでくると覚える気はありません。
良い石材なんだなーって覚えておきましょう。

ちょっとアドバイス

花崗岩が良いと言われてもピンと来ないでしょう。
花崗岩は硬くて長持ちするからです。
ヨーロッパの昔から石畳や古い建造物はこの花崗岩が使われています。
なので、お墓で墓石に使うと代々に渡り利用が出来るのです。
Clyde
まだ顔も知らない子孫が、あなたが選んだ墓石に手を合わせるなんて何か楽しくないですか。

石材を選ぶポイント

次は選ぶポイントです。
石材を選ぶのには切り出した模様や角度などで石目が変わり、石材の魅力も変わるらしいです。
でも、素人の私たちでは1回購入するだけで、そこまでは覚えられません。

石材について実際に見学などすると石材の名前、専門用語などで何を言っているのかわからないこともあります。

なので、ここでは重要な吸水率だけ覚えておきましょう。

なぜ吸水率?

石材の吸水率は石が水を吸収しやすいかと言う目安になります。

吸水しやすい石材は良くありません。
理由は、冬に水を吸った石が凍ると水が膨張します。
すると、そこから割れてきて石材にひびが入るなんて事になるからです。

Clyde
吸水率は肝心だよ

参考値段と相場

石のことは何も知らないけど、花崗岩、御影石が良いんだなぁってことは解りましたよね。
そこで、ここでは御影石のダイヤ庵治石と他の有力候補との参考値段から相場を見てみます。

この上でも書きましたが、庵治石は種類が多くあり、採石された後の歩留まりによっても値段が変わるので参考値段と言ってもまちまちです。

芸術品と同じだと思ってください。
相場は8寸(1寸約3.03cm)の石材になります。

吸水率参考値段
庵治石(あじいし)0.19~0.20(%)250万円位~
大島石(おおしまいし)0.111(%)118万円位~
真鍋石(まかべいし)0.315(%)40万円位~
天山石(てんざんいいし)0.09(%)95万円位~
紀山石(きざんいし)0.163(%)60万円位~

今回は国内で採掘される石のみで値段の相場を比較しましたが、国外の石材も凄く良いのがあるのでそちらも比較して見てください。

その時、ポイントになるのが、値段より吸水率ですよ。
あと、値段の相場は変わります。
自分の購入出来る価格、つまりお財布と相談して出せる金額がその時の相場だと私は思います。

Clyde
墓石は芸術品です。

 

Bonnie
天山石が硬いですね。

 

Clyde
強度も良いし価格も手ごろだね。

まとめ

如何でしたでしょうか。
私がお墓を作ろうとした時、学んだことを足早に解説してきました。

おさらいで流れをもう一度見ましょう。
[timeline title=”タイトルのステップ1-5″][ti label=”ステップ1″ title=”資料カタログを取り寄せる”][/ti][ti label=”ステップ1″ title=”お墓の型を選ぶ”][/ti][ti label=”ステップ2″ title=”石材について学ぶ”][/ti][ti label=”ステップ3″ title=”石材を選ぶ”][/ti][ti label=”ステップ4″ title=”墓石の相場を知る”][/ti][ti label=”ステップ5″ title=”見積もりを取る”][/ti][/timeline]

でも、まだまだこれでは足りないでしょう。
もっとプロのアドバイザーに専門的にサポートして貰った方が良い買い物が出来ます。

お墓の事も石材も何も知らない私が、お墓を作る時お世話になったアドバイザーを紹介します。

墓地が決まっていない方は、墓地も一緒に探せますよ。
資料請求無料

【公式サイト】いいお墓
https://www.e-ohaka.com/

全国対応です。

関連記事

お墓を作る事は人生の中でそうある事ではありません。知人で最近作ったことがある人がいれば相談も出来ますが、そうそういるものでもありません。実際私は、突然喪主に成りお墓を作る事になりました。本当に解らないことばかりでした。[…]

睡蓮の花