写真を眺める女性

【お葬式の常識】家族葬の流れと費用の相場が丸わかり

最近、家族葬というお葬式の名前が大分定着してきましたが、一般葬との違いはわかりますか?
今回は、その家族葬についてどのような葬儀で費用の相場と式全体の流れまで解説します。

名前だけは知っていたと言う人も、初めて聞く人にも、今増えている家族葬について解説します。

Clyde
ここを最後まで読むと家族葬の理解が深まるよ

家族葬とは

家族葬とは決まった定義は無く、一般葬とほぼ形式は変わりません。
では、一般葬との違いは無いのかというと、あります。

それは、人数です。
多くの参列者を呼ぶ一般葬に比べて、家族と親しい友人など10人~30人くらいで行われます。

訃報で通夜や告別式の日時が無い場合は家族葬で行うと思うのが良いです。

家族葬は、少ない人数なので時間をかけて心を込めて送ってあげられます。

家族葬の流れ

臨終が確認された時点から3日は掛かります。

墓埋法第3条より、医師の診断で死亡になってから24時間は火葬できません。
亡くなった時間にもよりますが、翌日の火葬は現実的ではありません。
火葬場や葬祭場、お坊さんの都合もあるので要確認が必要です。

また、葬儀社での安置は契約したプランで通常3~4日ほど出来ますが、それ以上伸びる場合は有料となる事が多いです。

1日目

家族葬1日目のステップ1-5
  • ステップ1-1
    依頼
    臨終が確認された時点で葬儀社に連絡を入れます。
    故人が生前に契約をしている場合もあるので、エンディングノートや遺言で確認をしましょう。
    また、病院や医療施設で亡くなられた場合、葬儀社を紹介される場合がありますが、必ずしも利用しないとならない訳ではありません。
  • ステップ1-2
    搬送・安置
    寝台車で迎えに来て安置場所まで運んでくれます。
    自宅か安置所かは葬儀社と相談します。
  • ステップ1-3
    打ち合わせ
    葬儀社とお葬式の打ち合わせをします。その前に菩提寺がある場合はお坊さんと相談します。
    そうで無い場合は、供養の仕方でお坊さんも帰る必要があるかも知れないので葬儀社とよく相談が必要です。

2日目

家族葬2日目のステップ2-2
  • ステップ2-1
    納棺
    故人を棺桶に入れます。
  • ステップ2-2
    通夜
    お坊さんを呼んでお経をあげて貰います。お坊さんと訃報を伝えた方達に通夜振る舞いをして故人を偲びます。

3日目

家族葬3日目のステップ3-4
  • ステップ3-1
    告別式
    定刻より告別式を行います。
  • ステップ3-2
    出棺
    喪主より挨拶が有り出棺して火葬場に向かいます。
  • ステップ3-3
    火葬
    火葬場に移動します。
  • ステップ3-4
    精進落とし
    家族葬の場合はきちっとした形式にハマらないで、故人の好きだった物を参列者みんなで食べたり、手間が掛からないように簡単に出前を取ったりも出来ます。家族や参列者が良ければ何でも良いです。

精進落としは、家族葬の場合近しい人だけなので精進落としとしてやらない場合もあります。
その場合は、精進落としが無いことを参列者には事前に伝えて起きます。

家族葬を選ぶメリットとデメリット

家族葬は近しい人だけで行うのでデメリットが無いように感じますが、メリットがある反面デメリットもあります。

メリット

  • 家族・近しい人のみで送る事が出来るので、手厚い葬儀が出来る
  • 参列者が少ないので、費用を抑えることが出来る

デメリット

  • 故人に最後の挨拶が出来なかった事に不満を持つ人がでる
  • 参列者が少ないので、出費がかさむ場合がある
  • 自宅にお線香を上げに来られる
故人が付き合いの多い方だった場合、家族葬ではここであげたデメリットが充分考えられます。
それでも、家族だけで葬儀をあげたいという場合は、密葬にします。
そして後日、別に本葬(告別式)を行う事をする場合もあります。
Clyde
芸能人や会社社長のお別れに聞きますね

家族葬にかかる費用相場

家族葬の費用相場はおおよそ100万円前後のようです。
ただし、祭壇などにオプションが沢山有り費用は100万円以下でも行えますし、それ以上に掛けることも出来ます。

故人の思いがある場合もあるので、適当に決めるのでは無く、まずはエンディングノート等がある場合は確認してみましょう。

また、家族葬の費用=葬儀代ではないので注意です。

家族葬の内訳は大きく分けて葬儀一式、飲食代、謝礼金に別れます。

葬儀一式:30万円~50万円前後

搬送、安置、斎場、棺桶、人件費等が含まれた葬儀社の基本プランです。
これに、祭壇を豪華にするなどした場合は費用がプラスされます。

飲食代~30万円位

一般財団法人日本消費者協会「第11回 葬儀についてのアンケート調査報告書」には31万円と書かれていますが、家族葬の場合は人数も少なく、形式もバラバラなのでここまでは掛からないと思います。通夜振る舞いと精進落としで1人10,000円としても30万円位で治まると思います。

謝礼金47万円前後

一般財団法人日本消費者協会「第11回 葬儀についてのアンケート調査報告書」に一般葬の平均が出ていますが、家族葬の場合一般葬と告別式が特別変わることも無いので同じ位の費用だと思っていた方が良いです。

Clyde
合計:多くても107万円~127万円位かな

 

家族葬はこんな人に向いている

家族葬が向いている人は、送る側が納得できる最後の時間を過ごす事を求めている人です。

  • 静かに身内や近しい人で見送りたい
  • 思い出に残る時間をしっかり作りたい
  • 訃報を伝える日値が少ない
  • 生前に個人が希望していた

家族葬はやめておいた方がいい人

  • 故人が名のある人
  • 知り合いが多い
  • 生前に大々的に華やかに派手な葬儀を希望している
  • 会社経営者

家族葬が難しいけど家族や親族など近しい人でお別れをしっかりしたい人は密葬と本葬を別けることをおすすめします。

家族葬の良くあるQ&A

家族葬の人数に決まりはありますか
決まりはありませんが、あまり多いと一般葬と変わらなくなります。
そうすると、少人数で手厚い見送りの家族葬の意味が無くなります。
家族葬は一般葬より費用が安くなりますか
葬儀自体は掛かる費用は一般葬と変わりはありませんが、参列する人数が違うので通夜振る舞いや精進落とし、香典返しなどの費用で変わって来ます。
ただし、一般葬で大きな斎場を借りるとなると一般葬と家族葬は基本プランから大きく変わります。
無宗教者の場合葬儀はどうなりますか
お坊さんなどの宗教者を呼ばずに通夜と告別式を行います。
その場合の埋葬はどうなりますか、無宗教の人が入れる寺院や霊園があります。
また、永代供養の場合も散骨や樹木葬など様々な形式から選べます。
お坊さんと火葬場の費用も含まれていますか
お坊さんと火葬場の費用は含まれていないです。
でも、葬儀社によってはお坊さんの手配は可能です。
火葬場だけは、喪主の支払いとなります。

まとめ

如何でしたでしょうか。
家族葬について理解が深まりましたでしょうか。

家族葬は、近しい人が時間をかけて故人を見送るのにとても手厚いお葬式です。